History

ベッジュマン&バートン社は、ダブリンとロンドンで紅茶を学んだアーサー・ベッジュマン氏が1919年パリで紅茶の専門店を開いたのが始まりです。
ベッジュマン氏により世界に先駆けて開発されたフレーバーは他の追随を許さないオリジナリティーあふれる最高級なものばかりです。
現在はその品質の高さが認められ、フランスで最も権威あるグルメ誌「Le Guide des Gourmands」で紅茶部門の金賞を受賞するなど名実ともに幅広く認められており、パリの五つ星ホテルや一流レストランでも多く採用されています。